親身になって共感しよう

社内研修における社内講師の存在

社員が、必要な技術や知識を得るために必要となる社員研修は、多くの場合は社外から講師を招いて行います。講師が派遣されて社内で研修を行うか、社外での研修・講座に社員が参加するという形が主流でしたが、社内の従業員に講師を依頼して社員研修を行うというものが社内講師です。社内講師での社員研修は、まず、必要となる研修の内容を人事部などにおいてプログラムを作成し、その内容をもとにして従業員の中から講師を選任するという形をとります。立候補か人事部からの依頼かは会社によっては異なります。社内講師を取りいれれば、講師を招くコストを削減できるほか、社内に最も適した研修をできるといったメリットがありますが、最大のメリットは研修を受ける人に親身になれるということです。

親身になって共感できる社内講師

社内講師は、社外から招く講師とは異なり、その会社に勤め、実際に研修を受ける従業員たちがこれから行う仕事内容を行ってきた社員が行います。そのため、社内評価が大きくかかわり選定が難しいという難点があるものの、より身になる研修を行うことができます。その仕事を行う上で注意すべき点を親身になって、またより実際の仕事に即したアドバイスを行うことが可能です。このほか、社内の従業員が講師を行うことによって、社内の従業員同士のつながりが強まるというメリットもあります。このように、社内講師が研修を行うことで親身になって共感するという点が、より深い内容の研修を行い、単なる技術の教えという側面のみならない、様々なメリットを与えることになります。

販売員とお客様は、お互いに初対面であることが多いです。そのため接客のセミナーでは、清潔であることを基本とした親近感がわく身だしなみについて解説することが推奨されています。