販売する商品で夢を語ろう

営業スキルを高めるには夢を持とう

企業にとって営業職は欠かせないものであり、いかにして営業スキルを高めさせるかを考えて研修を計画しているでしょう。営業の人材を教育するために重要なのが、本人に最大限の夢を抱かせることです。販売する商品について学び、他の商品との違いなども理解して適切に説明できることが営業職に求められるのは確かでしょう。しかし、それだけでは消費者の心を動かすことはできません。その商品を手にしたシーンを想像し、それを使って自分ならどんな夢を描くのかを語れるようにするのが効果的です。心の奥底からその夢が出てきていれば消費者も共感して同じように自分なりの夢を思い描いてくれるでしょう。それが購買意欲につながっていくと考えられるのです。

夢を語れると訴求力がある

夢を語るトレーニングを積むと感性に訴えかけることで購買意欲を掻き立てることができるようになります。夢は本人の願望によって生まれてくるもので、それに対して正直になる姿を見せることができるでしょう。人は話をしている相手に共感を示す傾向が強く、同じように消費者も自分の願望に対して正直になれるのです。すると、やはり買うのはやめておこうと思っていた状況から一転して、買ったらきっとこんなメリットがあるという考えが強くなると期待できます。このような心への訴求力があるのが夢を語れることの強みです。営業職の人材教育研修で何をするかで悩んだら、まずは自社商品を使って自分自身の夢を語るトレーニングを取り入れてみましょう。

人材育成の研修は、企業の責務です。常識ある対応のできる社会人を育てることが企業の繁栄に繋がるため、企業は積極的に社員に投資するべきです。