経営理念を理解する

経営理念がなければ始まらない

人材教育を行っていく上で何よりも重要なのが経営理念を正しく理解させることです。事業を展開していく上では組織の構成員がそれぞれ意志を持って行動できる体制を整えることが欠かせません。そして、その一つ一つの行動が事業を正しい方向に進めていく原動力になると大きく企業は成長していきます。社員がどのような決断をすべきか悩んだときに、最も基本になる根拠は経営理念です。経営理念に基づいた決定を速やかに下して行動を起こせるように誰もが育っていくと組織としての一体感が生まれ、団結して同じ目標に向かって業務を行えるようになります。人材教育をする上でまずは経営理念について深く理解する機会を与えることは欠かせないのです。

ケーススタディをしてみよう

経営理念はただ言葉面で覚えているだけではあまり大きな意味はありません。その理念に従うとどのようなときにどんな決断をするのが正しいと考えられるのかを理解する必要があります。そのトレーニングを行うための機会として研修の場を活用すると良いでしょう。具体的なケーススタディを行い、ロールプレイングをしてどのようなアクションを取るのが企業にとって最もメリットになるのかを学んでもらうのが効果的です。定期的に経営理念に関わるケーススタディを行っていくと、社員の間で考え方が共有され、互いの意思疎通もうまくいくようになっていきます。職場の人間関係を向上させるという目的でも有意義なのが経営理念を習得するための研修なのです。

接客の研修はロールプレイングで接客術を体験する方法が効果的です。笑顔の作り方、挨拶の仕方、クレーム処理などを疑似体験できると、接客技術がアップします。